« 近所でポタリングっていうか所用を済ませました。 | トップページ | 富士SW、籠坂峠 »

2009/07/04

ブレーキ交換 再び

以前ブレーキ交換しようとして、買ってきたアルテグラが合わなかったので断念しましたが(以前の日記:ブレーキ交換 GIANT OCR3についてくるテクトロがイマイチなのでシマノに付け替えようとしたら、ロングアーチじゃなくって取付られなかったweepという話)

P1000620

ロングアーチのBR-R650。ついでにワイヤーも。

P1000621
恐る恐る、自転車にあてがってみます。今回はブレーキパットがちゃんとリムに当たりそうです。
P1000622P1000626
先ずは、ワイヤーを外します。バーテープに巻き込んである部分は面倒なので、今回は省略。補助ブレーキから先と、ブレーキ部分のアウターとケーブルを交換します。

P1000627取り外したケーブル

P1000628
以前のアウターに合わせて、切ります。シマノのアウターエンドキャップが長いので、チョット短めにしました。

P1000629P1000630
カットするときに潰れた穴を大きくして、中に潤滑油を。

P1000633 P1000632
自転車に取り付けて、ブレーキシューの位置と角度を決めて、バランス調整して完成。

P1000635
おっと、ワイヤーエンドを忘れてました。

P1000636s
左シマノ、右テクトロ
同じようにフロントのブレーキも・・・・と思ったら、ブレーキを車体に固定できません・・・
ネジの長さが足りない・・・・
良く見るとボルト部分の長さは一緒みたいなので、以前のナット部分を使えばOK?無事セットできました。

P1000639
今まで使ってたブレーキシュー。良く見ると物凄い減ってますね。溝なんてとっくに無くなってます。溝どころか残り1mmくらいしか厚みがありませんでした。


翌日、早速乗ってみましたが。ブレーキの効きが全然違います。最初は軽く握ったつもりでもタイヤロックしまくりでした。慣れてくると指1本で軽く操作するくらいで丁度よいです。ほんと別物ですね。

今までは、ギューと握って軽くブレーキが利き始め、思いっきり握ると粘るようにブレーキが利いてくる感じ。

新しいのは、軽く握って、シューがリムに当たったところから、握った分だけ効いてくる。

「死ぬ前に、いいブレーキに換えましょう。」という台詞を実感しました。

|

« 近所でポタリングっていうか所用を済ませました。 | トップページ | 富士SW、籠坂峠 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/30429065

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ交換 再び:

« 近所でポタリングっていうか所用を済ませました。 | トップページ | 富士SW、籠坂峠 »