« ビールの美味しい季節になりました | トップページ | 奥多摩湖って言うか鶴峠(泣きっ面に蜂) »

2009/06/26

もうひとつの雨やどり

コネタマ参加中:「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?

最初に思い浮かんだのは、さだまさしの「もうひとつの雨やどり」かな。

最近の歌はあまり歌詞が頭に残らなくて・・・こんな古い曲を思い出してしまいました。
年取った証拠でしょうか?

「雨やどり」はオリコン1位だったので、知っている人も多いとおもいます。偶然雨宿りに来た人に恋をして、プロポーズされるという歌ですが・・・・ 落語的な、面白おかしい歌詞になってます。反省したのかその後、「もうひとつの雨やどり」という落語的な要素を排除したマジメ?な曲として生まれ変わりま した。個人的にはこっちのほうが好きです。

WEBで歌詞を見つけました

井上陽水の「傘がない」
自殺する若者が増えているとか社会的な問題を挙げておいて、一番の問題は傘がないだなんて・・・。雨が降っていて彼女に会いに行くの傘が無いことを憂いてます。
社会的な問題より、刹那的な目の前の問題を気にしている若者らしい歌なんでしょうか?
今だによく分りません。

こんな歌です

どっちも中学か高校の頃聞いた曲です。こんなのがはやっている時代もあったということで。

|

« ビールの美味しい季節になりました | トップページ | 奥多摩湖って言うか鶴峠(泣きっ面に蜂) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/30288297

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの雨やどり:

« ビールの美味しい季節になりました | トップページ | 奥多摩湖って言うか鶴峠(泣きっ面に蜂) »