« 桜色カレー | トップページ | イカとセロリのオイスターソース炒め »

2009/04/07

第24回 フェニックスカップ(奥志賀高原スキー大会)

4/5奥志賀高原で行われた「第24回 フェニックスカップ争奪 奥志賀高原スキー大会」に参戦してきました。

Ts3k0108Ts3k0109

 

奥志賀高原ダウンヒルコースの下の方を使って行われるGS1本勝負で、200人位の参加者がありました。


大会要綱
【場 所】
 奥志賀高原スキー場 ダウンヒルコース
【種 目】
 大回転競技 : 一本勝負
【競技クラス】
男子 :成年の部   (39歳まで)
    :壮年の部   (40歳以上55歳まで)
女子 :成年の部   (39歳まで)
    :壮年の部   (40歳以上55歳まで)
男女 :実年Aの部 (56歳以上65歳まで)
    :実年Bの部 (66歳以上)
【参加資格】
 大会前日または当日に、奥志賀高原エリアの宿泊施設、志賀高原プリンスホテル、丸池観光ホテルに宿泊される方。
【参加料】
 お1人 : 2,000円
【申込み】
 各宿泊施設のフロントにてお申込みください。


奥志賀高原エリアの宿泊者が対象で参加費\2000と安めです。
 写真のように子供連れの家族もいますが、以前に比べてオジサンが増えたような気が・・・・(人のこと言えませんが)。0歳~39歳が同じクラスって・・・そして66歳以上のクラスまであるなんて、こんなところでも高齢化が進んでいるようですね。
 過去に何度か参加していますが、春スキーのついでに家族連れでノンビリっていうお気楽な雰囲気だったようなきがしていたんですが・・・久しぶりに来てみるとワンピースにレース板という人が増えてます。

みんな気合はいってるんじゃないの?
魔法の粉(スタートワックス)とか塗ってるし・・・
油断しました。
普通のスキーウェアに何年もメンテナンスに出していないお遊び用の板ですcoldsweats02

 朝(8:30)のインスペクション時点ではかなり締まった雪でそれなりにスピードが出そうな予感がしてましたが、スタートした10:30頃にはだいぶ緩んで、前半の緩斜面はあまりスピードが出ませんでした・・・(板のせい?下手だから?)。
 初レースのY妻はスルーゲートにだまされて旗門不通過・・登って大きくタイムロス、残念!来年リベンジしましょう!
 そして自分は壮年(40~55歳)クラスで15位で飛び賞ゲット。

P4070056
参加賞のバックと、飛び賞の帽子

今シーズン締めくくりのレースは、まあこんなもんでしょう。
来年はワンピースにレース板で気合を入れて参加したいと思います。
(高いワックスも仕入れておかなくちゃ。)


ちなみに今回のお宿は「奥志賀高原ホテル」でした。
普段スキー同好会の合宿で泊まる、名ばかりのホテルとは違ってちゃんとしたホテルです。ロビーに着くとベルボーイが荷物を取りに飛び出して来るし、食事の時も椅子を引いて待っていてくれます。朝食はバイキング形式ですが、シェフがその場でオムレツを焼いています。1泊2食付で\15,500の「春スキープラン」お得ですね。
 2月頃は暖かくて雪不足が心配されていましたが、4/5現在山頂では3mを越す積雪(したの方で1.6m位)が残っていて最後(GW)までスキーが満喫できそうです。
ゲレンデは空いているし、宿やリフト券は安くなっていてお勧めです。

Img0301

お風呂はこんな感じで、閑静な林が見えて、リゾートっぽいです。

|

« 桜色カレー | トップページ | イカとセロリのオイスターソース炒め »

スキー」カテゴリの記事

コメント

なんだかとても楽しそうでうらやましす・・・。

ただ現実問題として週末は色々とあった訳で
お誘い頂いていても参加は出来ず。

悔しいですTT

でも、変な汗とドーパミンは沢山出しておきました
(mixi拙文参照済ですよね)週明けの体調は最高
です^^b

※キャベツダイエットの効果はまだでておりませ~ん

投稿: だんな | 2009/04/07 09:31

>なんだかとても楽しそうでうらやましす・・・。
これで表彰台に登れればもっと楽しいんでしょうが・・・マダマダ先は長いです。

>※キャベツダイエットの効果はまだでておりませ~ん
この詳細はmixiで読めるのでしょうか?

投稿: はま | 2009/04/07 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/28999238

この記事へのトラックバック一覧です: 第24回 フェニックスカップ(奥志賀高原スキー大会):

« 桜色カレー | トップページ | イカとセロリのオイスターソース炒め »