« Run & Walkしてみる | トップページ | 広くなりました。 »

2008/11/10

はりはり鍋

鍋の季節になりましたが、スーパーで鯨が売られてました。

Pb090456

小さい頃鯨は普通に食卓にのぼってました、給食にも出てきたような気がします。
でも、ハリハリ鍋って、名前は聞くんだけど、まだ食べたことが無いような気がします。
この千載一遇のチャンスにトライしてみます。

Pb090457

とりあえず、水菜と冷蔵庫にあった残り物(大根、シラス、油揚げ、つくり過ぎたイクラ(500gあるとなかなか食べきれない・・・)、のり、ノンオイル青じそのドレッシング)で作ったサラダを食べながら、
はりはり鍋のレシピとウンチクを仕入れます。

とりあえず、「ウィキペディア」で検索
  鯨肉と水菜を用いた鍋料理の一種。大阪府を中心とした関西地方の料理である。
なるほど、関西の料理なんでなじみが無かったんだな。(by 青森生まれ)
水菜(=京菜≒壬生菜)を使う時点で、京都あたりを連想しろってことですな。

レシピもイロイロありましたが、鯨が手に入りづらい為か、豚肉のはりはり鍋のレシピが多いようです。
今回は初めてと言うこともあり、シンプルに水菜と鯨だけで作ってみます。

Pb090459

①鍋に水をはり昆布をつけて放置・・しばらくしたら点火。
 (昆布に切り込みを入れると出汁がでやすい)
②沸騰前に昆布を取り出し、鰹節の入ったパックを投入
 (普通に市販されている出汁パックでもよいし、お茶用のパックに鰹節をつめても、ガーゼに包んでも、それは自由だー)まあ、出汁が出来ればよいと・・シンプルな料理なんで顆粒だしの素を使わずに、昆布と鰹節から出汁をとってみました。
 「白だし」とか「めんつゆの素」とかを使うと簡単です。
③酒・みりん・醤油・塩・(好みで:唐辛子の輪切りや生姜の千切りなど)を入れます。
④鯨肉に薄く片栗粉をまぶして、湯通ししておく。
 (ハリハリ鍋屋さんのHPに載っていたのでまねしてみます。臭みが抜け、スープが濁らないような気がします。)
⑤水菜は適当な長さに切っておく

Pb090461
あとは、鍋に入れて食べるだけです。

鯨と言うより、出汁に浸かった水菜が美味しい・・・・
やっぱり、水菜を食べる料理なんだなー。
水菜1袋あっという間になくなりました。物足りないくらい。
次は2袋くらい用意しておかないと・・・・・・

シンプルな味付けと、壬生菜という響きが、幕末を思わせます。
坂本竜馬も食べたりしたのでしょうか?

鯨以外の肉でも美味しそう。
肉の変わりに油揚げでも美味しそう。(「きつね鍋」というらしい)

Pb090462

メタボを気にしながらも・・・やっぱり〆は雑炊。

コネタマ参加中: あなたのおすすめの鍋は?

特別美味しいとか豪華と言うわけではないのですが、なんかほっとする感じです。

|

« Run & Walkしてみる | トップページ | 広くなりました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

日記の内容と日付がキチンと連動しているとしたら・・・、
!一体どこにそんな体力が残っていたのでしょうか?

日曜は、二日酔い→寝坊→高尾山中腹まで早歩き→
     下山後飯がてら飲酒→立川で二次会→リビングデッド

西武優勝の感動もドヨ~ンとした気持で迎えてしまった次第。

別件かつ結論ですが・・・、件の鍋、是非今度食べさせてくださーい。

投稿: だんな | 2008/11/10 13:03

だんな>件の鍋、是非今度食べさせてくださーい。
15日の週末は仕事が入ってますけど、それ以外なら大丈夫ですよ。
鯨は手に入らない可能性が高いですが、まあ他の食材で。水菜さえあれば大丈夫。

投稿: はま | 2008/11/10 17:04

ヒタヒタと冬山シーズンの足音も聞こえて来つつ・・・、現状報告

15  兄さん×
16  小生 秩父路登坂苦行

22~ 王帰還、予定立たず

29  未定
30  部活イベント!?

師走の事を聞いたら鬼が笑いますよ♪来年まで待てないスキー野郎達に・・・。

投稿: だんな | 2008/11/11 17:54

だんなさんへ
まあ、予定が決まったらそのとき連絡ください。
12月はスキーしないので、結構大丈夫です。
(雪が少ないとつまらないから。大雪が降ったら気が変わるかもしれないけど……)

投稿: はま | 2008/11/12 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/25194035

この記事へのトラックバック一覧です: はりはり鍋:

« Run & Walkしてみる | トップページ | 広くなりました。 »