« うなぎの蒲焼がやすくなってました | トップページ | 半夏生でたこが安くなっていました »

2008/07/05

石焼風うなぎのひつまぶし

うなぎの蒲焼が冷蔵庫で眠っていました、そろそろ消費しないと・・・

うな丼もありきたりだし・・・・flair
そうだ、「ひつまぶし」にしよう!

おひつがなかったので・・石鍋で
「うなぎ石鍋まぶし」とでも言えばよいのでしょうか?

P7052908

最初から塗ってあるタレは美味しくないので、先ず、タレを洗い流します。
その後、フライパンにウナギの蒲焼と日本酒をタップリ入れて火にかけて
蒸し(煮る?)ます。
やわらかくなったら、付属のタレを入れます。
これで、ふっわふわのウナギに生まれ変わります。
取り出すときに、千切れないように気をつけてね!

油を敷いた石鍋に
ご飯、刻みのり、ウナギを鍋に入れて(もちろん2段重ね)、火にかけます。
パチパチと音がしてきたら、そろそろオコゲも出来上がってます。

混ぜると、御飯とうなぎのタレの香ばしい匂いがしてきます。

P7052912
ひつまぶしと言えば、やっぱりお茶漬け!
半分くらいまで普通に食べたら

P7052914

ネギ、茗荷、大葉を細切りにして、わさびを乗せて
だしをどばーっと。
器が熱いので気をつけてっと。
さっぱりして美味しいです。


コネタマ参加中: あなたの得意料理を教えて!

得意料理って言うわけではありませんが、思いついて作ってみたら美味しかった。
そのくせ簡単(←これ大事ですよね。)
石鍋を持っている人はぜひお試しを

|

« うなぎの蒲焼がやすくなってました | トップページ | 半夏生でたこが安くなっていました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/22087260

この記事へのトラックバック一覧です: 石焼風うなぎのひつまぶし:

« うなぎの蒲焼がやすくなってました | トップページ | 半夏生でたこが安くなっていました »