« 鳥の炊きこみご飯 | トップページ | 伝説のレシピ・カルボナーラ »

2007/05/03

ねばねば丼

昼飯にふと入ったお店で「おまぜ丼」というのがあり、 「まぐろ、いか、おくら、納豆、山芋」を混ぜて、ご飯に乗せて食べるというものでした。夜の部でも同じようなメニューがあり、こちらはご飯に乗せるのではなく、海苔で包んで食べるといスタイルです。

簡単そうでおいしかったのでまねして見ました。

例によって、材料はあり合わせです。
Sp5030118 とりあえず、使えそうな材料を冷蔵庫であさって見ました。
・納豆 ひき割りでなかったので、包丁でたたきました。
・長いも すりおろしました。(すりおろしたら・・お店のようにかっこよく盛り付けられませんでした。細切りにしたほうが食感もよかったように思います。)
・オクラ 塩もみして、お湯で1分くらい茹でて、細かく輪切りにします。
・刺身 包丁で細かくたたきます。
・玉子の黄身を真ん中に配置して完成




Sp5030120 一応、盛り付けて見ました。






Sp5030123 醤油とだしの素を入れてかき混ぜ、ご飯にかけます。ついでに海苔の細切りも乗せました。






基本的にはOKで、おいしくいただきました。
強いて改良点をあげると
・納豆1パック=50gはチト多すぎかな。結構納豆の主張が強かったようです。
・季節なのと、ネバネバしてるのでメカブを入れましたが、お店のレシピどおり、イカのほが相性がよさそうです。
・山芋は細切りの方が食感がよさそうです。

ネバネバ好きの人はぜひお試しを。
簡単でおいしいです。








|

« 鳥の炊きこみご飯 | トップページ | 伝説のレシピ・カルボナーラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/6296678

この記事へのトラックバック一覧です: ねばねば丼:

« 鳥の炊きこみご飯 | トップページ | 伝説のレシピ・カルボナーラ »