« 縁喜金紋錦純米吟醸 | トップページ | 幸せを探す »

2007/04/22

ゴールドウィンかぐらGS

4/7にトレーニングして、気持ちよく滑れたので、どうしても成果を試したくって・・
4/22かぐらのGSレースに参戦してきました。

今週は比較的気温が低めだったのに・・週末いきなり暖かくなってきました。
Sp4210066 隣のスキー場苗場の前を通りましたが・・
ほとんど雪がありませんね。





Sp4220070 みつまた(山麓駅)に到着!
見渡す限り雪が見当たりません。





Sp4210068 ロープウェイで上がると、雪がありました!
イヤー、雪があって本当によかった。
ちょっと黒いのが見えますが、十分滑れます。
(調子にのって滑ってると、土に突っ込みそうになります・・危ないあぶない。)


Sp4220071 かぐらエリアに到着。
かなり緩んでいますが、雪はたっぷりあります。
大会は硫安をつかって、きっちり仕上げてくれるでしょう。
参加者153人とかなりにぎわっています。
雨が心配されましたが、レース中は晴れのち曇りでまずまずでした。

Map ゴールドウインかぐらGS 大会バーンは
ジャイアントコース
滑走距離:1100m
斜度:平均17度、最大27度
なかなかすべりがいがありそうです。

Sp4220074 スタートから適当な斜度があり、あまり漕がなくてよさそうです。それより、雪が柔らかいなー。
前半は斜度が一定でセットが細かく比較的振ってあります。




Sp4220075 コースの右の方はより柔らかめです。
インスペの時は硫安があまり効いてない感じで、すぐに掘れそうです。




Sp4220079 中間地点で左に曲がっています。
ここに唯一のスルーゲートがあって、後半の斜面に飛び込んで行く感じです。




Sp4220081 スルーゲートを抜けると斜度が急になると共に、旗門の間隔が広くなり、落差も大きくなります。
かなり、スピードが出そうです。
その後徐々に緩斜面になり、ゴール。



いよいよレース本番
Photo_2 女子のクラスが終了し、マスター(年寄り)クラスが始まりました。マスタークラスの58番目スタートです。
久しぶりの緊張感が体中を駆け巡ります。
前回のトレーニングを思い出すんだ。
体を小さくして、外足にしっかり荷重する、手は前に。

30分くらい前から太陽が隠れて、曇り空です。
それと共に硫安が効いてきたらしく、以外に硬くなっています。最初は調子よかったのですが・・・ドンドン硬くなり、しかも荒れている・・・スピードも出てくる・・・まるでシェイクされているよう。こんなひどいのは初めてです。
めがねもガタガタして、旗門が無数に見えます。
きっと、荒れた斜面がそのまま硬くなったか、コース整備の吐き出そうとした雪がそのまま硬くなったか・・・

転ばずにゴールできたことをほめてあげましょう。

タイムは63.72と、ラップの54秒台とはかなり離されましたが、順位は29位と真ん中あたりでした。マスターの後半以降(シニア・レギュラー)にスタートした人はあまりタイムが伸びなかったようです。

午後になり表彰式が始まった頃には、雨が降り出しました。
あれ、そういえば、リザルトが出てないな?
などと思いつつじゃんけん大会の最中に避難。

後で、聞いたところによると、山麓駅の事務所でリザルトを配っているそうな。
(mixiで、リザルトを持っている人がいたので自分のタイムを聞きました)

ちょっと不完全燃焼ですが、今シーズンのスキーはこれにて終了(の予定)。

今回の教訓
・シーズン後半の暖かい時には急斜面のレースには気をつけろ。

|

« 縁喜金紋錦純米吟醸 | トップページ | 幸せを探す »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88400/6191298

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドウィンかぐらGS:

« 縁喜金紋錦純米吟醸 | トップページ | 幸せを探す »